めがね・補聴器なら 熊本キクチめがね

キクチめがねは『認定補聴器専門店』です。

認定補聴器専門店とは

認定補聴器専門店とは、財団法人テクノエイド協会による厳正な書類審査及び現地調査を受け、
認定審査基準をクリアしたお店です。
認定補聴器技能者が常駐していること、補聴器販売にふさわしい検査機器等の設備があること、
耳鼻科医等の医療機関と密接な連携がとれていること等が基準となります。
当店は認定補聴器専門店として聴こえに不便を感じる皆さまに快適な聴こえを提供しております。

補聴器認定専門店を詳しく
■聞こえのチェック

聞こえのチェックしてみませんか?

補聴器は「聞こえ」を補うものですが、
どの時点で補聴器が必要なのかわかりにくいと思います。
日常生活においてさほど不便に感じていなくても、
周囲に少なからず迷惑をかけていることもあります。
「最近聞こえづらくなった」「ご家族の状態が気になる」という方は
聞こえの状態をチェックしてみましょう

最近、聞こえが気になる方

  • 会話中、聞き返すことがある
  • テレビやラジオの音が大きいと注意される
  • 話を正確に聞き取れないのに
    相づちを打つ
    ことがある
  • 数人の会話がうまく聞き取れない
  • 電話の声が聞き取りにくい
  • 銀行、役所、病院などで名前を呼ばれても
    気づかない
    ことがある

ご家族の聞こえが気になる方

  • 会話中、聞き返すことがある
  • 生返事をすることがある
  • テレビやラジオの音が大きい時がある
  • 後ろから声をかけても
    気づかないことがある
  • 地声が大きくなった気がする
  • 耳に手を当てて話を聞くことがある

当てはまる項目が多い方はお早めにご相談下さい

■聞こえの知識

難聴の90%は補聴器で改善できます。

耳が聞こえなくなる原因はさまざまであり、自分ではなかな か気づかないものです。まずは耳のしくみを知り、ご自身の 聴こえの状況を把握しましょう。

■補聴器ご購入の流れ

補聴器ご購入の流れ

まずはカウンセリング

  1. 受付相談

    聞こえづらくなった時期や不便を感じる時・場所、補聴器の装用目的・目標などについてお伺いします。
    また、補聴器に関する疑問点にもお答えします。

  2. 耳の観察

    外耳道と鼓膜の状態を観察します。

  3. 聴力測定

    音や話し声を実際に聴いていただき、聞こえの状態を測定します。

  4. 聞こえと補聴器の説明

    上記の情報をお客様のご希望をもとに、最適な補聴器をお勧めします。

カウンセリングをもとにお客様に合わせた補聴器を制作します

  1. 耳型採取

    音漏れやハウリングを防ぎ快適にご使用いただくため、お客様の耳型を採取し、補聴器メーカーに送ります。

  2. 納品

    お客様の耳の形に合わせた耳あな型補聴器、またはイヤモールドが納品されます。

  3. 初回フィッティング

    補聴器の形が耳にフィットしているかチェックします。次にお客様の聞こえに合わせて補聴器の音量や音質を設定し、さまざまな環境下での試聴をしていただきます。
    最後に、補聴器の取り扱い方法や保証についてご説明いたします。

ご購入後のアフターケア

  1. 微調整

    生活環境で装用していただき、ちょっとでも気になる点がある場合は調整いたします。

  2. 補聴効果

    補聴器の設定が適切かどうかのチェックを行います。

  3. アフターケア

    補聴器の微調整や定期点検、クリーニング、聞こえのチェック等を行います。

■補聴器の種類

補聴器の種類

軽度 聴力レベル25~40dBHLの軽度難聴の方

中度 聴力レベル40~70dBHLの中度難聴の方

高度 聴力レベル70~90dBHLの高度難聴の方

重度 聴力レベル90dBHL以上の重度難聴の方

取り扱いメーカー

■専門店ならではの安心のサービス

はじめての方へ

補聴器貸出制度

「補聴器は初めて」という方にも安心していただけるよう、
補聴器貸し出し制度をご用意しました。
購入を検討する前に、
ご自宅でじっくり試せるので、慌てて買って、
自分に合わないという心配もないと大変好評です。

更に特典いっぱい

 「福耳クラブ」

入会時、補聴器空気電池1パックプレゼント
電池1パック250円(メーカー純正電池は通常1,260円)
補聴器の相談・調整・クリーニングは何度でも無料!
補聴器の2年以内に生じた自然故障は無料で修理致します。

お買上げの後も安心・充実のアフターフォロー

ご購入前に無料貸出

補聴器に関するご相談無料

3か月ごとの無料定期点検

購入後のクリーニング無料

■専門店ならではの安心の設備

専門店ならではのしっかりした設備でしっかりフォロー。ご購入前の聴力測定や、補聴器のメンテナンス。どれもとっても大事なことです。当専店では専門知識を持った補聴器アドバイザーが、最新の機器でみなさまのサポートを全力で致します!

■よくある質問
補聴器はいつごろから装用すればいいですか?
もしも日常生活や会合などで少しでも聞こえに不自由を感じたならば、早めに装用されることをおすすめします。また、ご自身では不自由を感じていない場合でも、家族などの周囲の人が不自由を感じている場合も少なくありません。例えば、テレビの音量などで家族から指摘されることがある場合は、ぜひ一度装用を検討してみてはいかがでしょうか。
補聴器を使えば以前の様に聞こえるようになるのでしょうか?
補聴器は聴力が衰える前の「聞こえ」に戻すのではなく、今の聴力を最大限に活かし、快適な「聞こえ」を提供するものです。「聞こえ」の程度には個人差があり、補聴器を装用する目的、補聴器の装用効果も人それぞれです。完全に「聞こえ」が元に戻ることはありませんが、自分に適した補聴器を装用することにより、「聞こえ」の不安が解消され、より活動的な生活が送れるようになります。
補聴器と集音器の違いって?
補聴器は薬事法における管理医療機器の認定を受けており、聴力が低下してきた人(難聴者)が使用する前提で開発されています。一方、集音器は医療機器ではない為、難聴者の使用を前提とした様々な機能が搭載されていません。つまり集音器というものは正常な聴力の人や非常に軽い難聴の人向けに製造されているものが多いです。
補聴器ってなんで高いの?
補聴器は聞き取る力が衰えてきた耳の働きを補うものです。より自然でクリアな音質を提供するために、先進技術を駆使して開発された、精密な医療機器です。補聴器の心臓部であるマイクロチップの開発には、多額な費用と時間、そして人の力が必要です。しかも、一人ひとり「きこえ」の程度に合わせて調整するため、調整に必要な技術料も価格には含まれています。使う人に満足できる聞こえを提供するためには、優れた製品と確かな調整技術が欠かせません。補聴器の価格には、そうした製品開発に必要な費用と、製品の性能を最大限に引き出す調整技術の費用が含まれているのです。
補聴器は消費税がかからないって聞いたけどホント?
補聴器は薬事法で定められた医療器具のため、消費税のかからない非課税対象商品です。ただし、乾燥ケースや電池などのアクセサリー類は課税対象となりますのでご注意ください。
補聴器の操作は難しくないですか?
デジタル補聴器は操作が簡単です。ボリューム操作などがいらない(一部ボリューム付の機種もあります)ため、特に使う人にとって難しい操作は必要ありません。電池の交換も慣れてしまえば難しくはありませんし、今は充電型補聴器もございますのでさらに楽になりました。聞こえに関しては生活のさまざまな場面に応じて快適な聞こえを実現していけるように自動で調整してくれる器種もあるのでご安心ください。
デジタル補聴器の寿命ってどれくらい?
一般的に平均寿命は4、5年と言われております。もちろん手入れをきちんと行うことで、平均より長く使用している人もいます。精密機器である補聴器は汗やホコリを嫌います。補聴器を長持ちさせるためにも、自分できる毎日のお手入れに加えて、定期的にクリーニングや点検を受けるようにしてください。当店にお持ちいただければ他店で購入された補聴器でも対応させていただきますのでお気軽にご来店ください。
補聴器には購入補助制度のようなものはあるの?
健康保険、生命保険では補聴器を支給されません。ただし、障害者総合支援法による障害者手帳を保持している方には、難聴の程度に応じ補聴器の支給を受けられる制度があります。補聴器の購入の補助制度は居住する市町村により異なりますので居住する市町村の福祉法担当窓口に一度お問い合わせください。
↑ ページトップへ戻る